韓国の田舎の大学に通う留学生の日記
韓国といえばもちろんソウル!!という常識に従わず人口50万の小都市の大学に留学しているたけたけの学生生活赤裸々日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尊敬する韓国人
今卒業式で韓国に来ています。

韓国に来ることも当分ないということで

色んな人に会ってるんですが、

その中で一人俺が尊敬している女の子がいます。


彼女はたまたま最後の学期に同じ英会話の

授業をとっていた子で、俺より2歳下です。

俺が何に尊敬しているかというと

完全に自分の力だけで生活、勉強しているというところです。


韓国では学生が親の援助無しに生活

していくというのはとても難しいことです。

というのも日本とは違って普通のアルバイトだと

時給300円程度なのでとてもじゃないですが、

1年間の学費約50万も払うことはできません。

今まで多くの大学生に会ってきましたが、

彼女以外に自立している人は見たことがありません。


そんな自立が難しい中、

彼女の場合は英語が得意なので

夏休みや冬休み中にお金持ち相手に

家庭教師をして月20万ほど稼いで

それを学期中の学費や生活費に充てています。

家まで自分で借りる彼女が曰く

「自分の能力でお金を稼ぐことに意味がある。」

未だにすねかじりの俺から見れば

眩しい存在です。


最近はキャディーのバイトを始めたらしくて

8ヶ月で200万円ためて留学すると言ってました。

将来的には起業も考えてるとの事で

一緒に何かできればいいねと盛り上がってました。


尊敬できる友達がいるってのは

それだけでもすごい励みになるので

ありがたいなぁとしみじみした一日でした。
スポンサーサイト
東京部屋探し
先週から一人暮らしに向けて

東京で部屋探しをしています。


みんな部屋を決める時のポイントは以下の2つです。

①周りに感じのいい商店街があるかどうか
②会社までの通勤時間

結果は会社まで徒歩5分という距離の

家賃6万3千円
管理費7千円

の部屋を借りることに決まりました!!


一番大きかったのは

月島の商店街に僕が惚れてしまったことです。

田舎暮らしの自分にとって情緒ある

あの街並みには見た瞬間惚れてしまいました^^;

4月からの新社会人生活が楽しみな

今日この頃です。

テーマ:大学生活 - ジャンル:日記

copyright © 2005 韓国の田舎の大学に通う留学生の日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。