韓国の田舎の大学に通う留学生の日記
韓国といえばもちろんソウル!!という常識に従わず人口50万の小都市の大学に留学しているたけたけの学生生活赤裸々日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国入院物語③~お医者様編~
みなさんこんにちは

今日も前回に引き続き

韓国入院物語をお届けします。



私が入院した時の担当医の方は

とても印象のいいお医者様でした。



毎日午前8時ごろ私のところに来ては

色々と話をしてくださいました。



医者 「体大丈夫?」

私  「やっぱりまだ痛いです。」

医者 「そうかまぁ検査で異常がなかったから大丈夫だよ。」

私  「は、、はぁ」

医者 「ところで君が持っているそのノートパソコンは日本製?」

私  「そうですよ。」

医者 「私も持ってるんだけどやっぱり日本製のほうが

    デザインがよくて性能がうんたらかんたら、、、」



お医者様、

患者の体のことを聞くより

ノートパソコンに関する質問をする時間が圧倒的に長いです!!


入院したてのころは体もろくに動かせなかったのですが、

お医者様はできるだけ早く退院しろとおっしゃいます。



医者 「日本は長くいさせるんだけど私はそれは単なる

    金儲けのためだと思っている。
    
    君は検査で異常がなかったんだから

    一日でも早く退院するといいよ!!」



優しいのだか何だかよくわかりませんが、

私はお医者様の仰られたとおりすぐ退院することになりました。



しかし、

今度日本に帰ったら一応病院で検査をしてもらうつもりです。

まだ体は痛いので、、、



スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 韓国の田舎の大学に通う留学生の日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。