韓国の田舎の大学に通う留学生の日記
韓国といえばもちろんソウル!!という常識に従わず人口50万の小都市の大学に留学しているたけたけの学生生活赤裸々日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体で覚える韓国文化②
みなさんこんにちは

今日は昨日に引き続き体で覚える韓国文化の

パート2をお届けします。



韓国は礼儀にうるさい国だというのは昨日も話しましたが、

言葉使いにも大変うるさい国でもあります。



年長者への敬語は当然のこととして

家族間でも子供が親と話すときは敬語だし

兄弟間でも敬語を使うってのも珍しいことではありません。



それは私が大学1年生の頃のことでした。

とある用事の為に知らない先輩と会うことになったのですが、

その先輩と出会うなりいきなりゲンコツが飛んできました!!



先輩「お前さっき電話で俺のことタンシン(あなた)って言っただろう?」

私 「は、、はい、、、(ドキドキ)」

先輩「タンシンってのを年上に使うのは失礼なんだよそんなことも

   知らないのか?(さらに一発)」

私 「す、、すいませんでした!!」

先輩「ったくぅ、次からは気をつけろよ!」



これ以後は機嫌が治ったらしく優しくなりましたが、

自分の韓国語のふがいなさに落ち込んだものです。

でもこのことを違う先輩に聞いてみたら

「え?年上でもタンシンって使っていいんだよ!

 その怒った奴のほうがバカ。」

という返事が返ってきました。



結局のところ私は年上に対してタンシンとは使っていない

のですが、つくづく言語って難しいなと実感しました^^;



スポンサーサイト

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 韓国の田舎の大学に通う留学生の日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。